―木造住宅の常識を超える― @耐震工法 » 小さな工務店の為の集客アップ・経営戦略コラム

小さな工務店の為の
集客アップ・経営戦略コラム

工務店で取り入れたり、売上に繋がる集客や宣伝手法についてまとめてみました。依頼したくなる、そんな仕組みばかりです。

住宅フランチャイズ
向いてる工務店、
向いてない工務店とは?

住宅フランチャイズでは、ブランド力や技術力、売れるための営業ノウハウの提供だけでなく、ビジネスを軌道に乗せるためのサポートも受けられます。安定したビジネスや、提供サービスを充実させたいと考えている工務店にはピッタリです。また、知名度が高いフランチャイズ商品では、顧客からのイメージもよく信頼も得られやすいです。

ただ、ロイヤリティを支払う必要があり、フランチャイズによっては一定のルールにそった事業展開をしなければならないど、窮屈に感じる面もあります。

住宅フランチャイズ
向いてる工務店、
向いてない工務店とは?
について詳しく見る

消費者行動
理解できていますか?
工務店のSNS活用法を伝授

一昔前までは、チラシやパンフレットなどの紙媒体とテレビなどのマスメディアによる宣伝で集客し、住宅展示場などで自社の良さをアピールしていましたが、現在ではTwitterやInstagramなどのSNSを活用した集客方法が効果を上げています

手軽に見れる・知れるツールとして、10~30代を中心に定番化。写真や画像などで商品の良さを伝えやすいので、営業ツールとしても有能です。

消費者行動
理解できていますか?
工務店のSNS活用法を伝授
について詳しく見る

工務店・リフォームの
集客力アップ!MEO施策
できていますか?

SEO対策ほど難しくなく、WebサイトがなくてもできるMEO対策は、Googleマップで上位を狙い集客する手法です。「Googleマイビジネス」に自社情報を登録するだけと簡単と初心者でも始めやすく、ランニングコストも少なく実行できます。基本情報だけでなく、口コミや写真、Webサイトやコンテンツなども充実させると、Googleマップで上位3枠により近づけます。

工務店・リフォームの
集客力アップ!MEO施策
できていますか?について
詳しく見る

選ばれる工務店になるため
には?アフターサービス・
保証の充実度を考える

ハウスメーカーや工務店、ビルダーなどで定番となっている保証制度といえば「瑕疵保証」「耐震補償制度」「メーカー延長保証」があります。また、アフターサービスとして定期点検を設定している会社も多く見られます。

建てる時だけでなく、建てた後も安心を求めるのが消費者です。自社設定はもちろん、フランチャイズや登録制など外部の仕組みを導入してアフターを充実させていきましょう。

選ばれる工務店になるため
には?
アフターサービス・
保証の充実度を考える
について詳しく見る

淘汰される時代を勝ち抜く!
長期優良住宅を建てられる
工務店になるメリットとは?

スクラップ&ビルド型からストック活用型に変わりつつある今、長期優良住宅は様々なメリットをもつ住宅として注目されています。顧客からの要望が増えていることからも、中小工務店でも長期優良住宅への対応力が求められています。

淘汰される時代を勝ち抜く!
長期優良住宅を
建てられる
工務店になるメリットとは?
について詳しく見る

知っておきたい!建築物省エネ法・建築基準法改正

2022年6月17日に「脱炭素社会の実現に資するための建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律等の一部を改正する法律」が公布されました。これにより建築物の省エネ性能の底上げ、防火規制・構造規制の合理化がなされ、「住む人にとってのメリット」が生じます。

知っておきたい!
建築物省エネ法・建築基準法改正

について詳しく見る

工務店の経営課題と解決策

工務店が抱える経営課題には、人口減少による着工数の減少、集客面、資金力不足、人材不足などがあります。これらの課題を解決する経営戦略としては、工期短縮やユーザー満足度の向上、資金繰りの改善、少人数体制の確立が有効です。

工務店の経営課題と解決策

について詳しく見る

工務店経営の利益率

工務店の利益は売上から外注費や材料代などの原価を引いた残りで、平均利益率は25%前後です。利益率が20%以下になると純利益がほとんどなくなるため、厳しい状況となります。利益率の改善には販売単価の引き上げや工事原価の見直し、固定費の削減などの対策が有効です。

工務店経営の利益率

について詳しく見る

工務店経営の人材育成

工務店経営では少子高齢化による人手不足が深刻化しています。高齢化した大工の退職・廃業が進んでいく一方で新たな人材が入ってきていないため、人材育成に取り組む必要があるのです。人材育成に取り組むことで、生産性の向上や人材の定着が期待できます。

工務店経営の人材育成

について詳しく見る

工務店のブランディング

工務店でブランディングを展開するには、まず自社の強みとコンセプトを明確にし、ターゲット層を特定することがポイントとなります。工務店のブランディングは競争が激しい市場で成功するために必要不可欠な要素であり、積極的に進めるべきです。

工務店のブランディング

について詳しく見る

工務店の集客イベント

工務店の集客イベントは、工務店の利益率を向上させるために重要な役割を持ちます。完成見学会やオンライン見学会をはじめとした集客イベントを実施することで、地域ユーザーへの認知や信頼感の構築、見積りのきっかけなどのメリットが得られるでしょう。

工務店の集客イベント

について詳しく見る

工務店経営に取り入れたい3Dシミュレーション

工務店経営に3Dシミュレーションを取り入れるメリットとして、設計精度の向上や顧客満足度の向上、集客活動での活用などが挙げられます。3Dシミュレーションを取り入れる際は、採光や家具配置などに配慮することが重要です。

工務店経営に取り入れたい3Dシミュレーション

について詳しく見る

工務店経営に取り入れたいZEH

今後、ZEH仕様でなければ住宅ローン減税が適用されなくなります。そのため工務店経営にZEHを取り入れると受注数増加が期待でき、デメリットや注意点も把握した上で、ZEHを取り入れていくことが課題のひとつだと言えます。

工務店経営に取り入れたいZEH

について詳しく見る

工務店経営の資金繰り

工務店経営では資金繰りが難しいと言われることがあります。建築コストの全額を回収するまでに時間がかかることが原因です。しかし適宜融資を利用したり、入金・出金のサイクルを考えることで資金繰りをより良くできる可能性があります。

工務店経営の資金繰り

について詳しく見る

工務店経営における見積もり作成

工務店経営における見積もり作成では、日時や消費税の記載など、注意するべきポイントがたくさんあります。しかし見積もりを作成すれば受注につながったり、業務の効率化をはかれたりするため作成のための方法を知っておきましょう。

工務店経営における見積もり作成

について詳しく見る

工務店集客に欠かせないロゴマーク

ロゴマークは、工務店の集客においても大切な意味を持っています。ロゴマークを作ることにより、企業の認知度が上がるので、受注率アップに繋がることも期待できるでしょう。企業の思いなどが伝わりやすいロゴマークを作ることが重要です。

工務店集客に欠かせないロゴマーク

について詳しく見る

工務店の集客に重要な商品開発

他社には真似できないようなオリジナル商品を開発することにより、集客に繋がります。コストに注意しながら自社の技術や強みを活かせる商品の開発を行っていきましょう。商品の魅力を顧客にアピールしていくことも大切です。

工務店の集客に重要な商品開発

について詳しく見る

工務店の集客に必要なWebサイト

Webサイトは、できれば作っておきたいところです。工務店の情報を調べる際、まずはインターネットを使用する方が多いです。たくさんの情報や画像を掲載できるため、自社の魅力や強みをわかりやすく伝えるのにも役立ちます。

工務店の集客に必要なWebサイト

について詳しく見る

工務店の集客に活用したい看板

看板は、店舗の認知度向上や情報発信、長期的な集客などに活用できる効果的な方法です。壁面看板や自立看板、スタンド看板など、様々な種類があります。どのようにすれば目に入りやすいかも考え、設置場所の検討が必要です。

工務店の集客に活用したい看板

について詳しく見る

工務店の集客において重要な展示場・モデルハウス

魅力的な展示場・モデルハウスを用意できると、大きな集客効果が期待できます。ただ、まずは展示場・モデルハウスの存在を知ってもらわなければなりません。そのための集客にも取り組んでいきましょう。足を運びやすい立地を選択することも重要です。

工務店の集客において重要な
展示場・モデルハウス

について詳しく見る

工務店の集客に役立つLINE公式アカウント

成約につなげるためには、見込み顧客にアプローチしたり、新規顧客を獲得するための取り組みに力を入れたりすることが重要です。そのためにSNSを活用する工務店も増えました。様々な便利機能が用意されているLINE公式アカウントで集客しましょう。

工務店の集客に役立つLINE公式アカウント

について詳しく見る

工務店の集客に活用したい名刺

工務店の集客では、名刺が集客に効果を発揮します。工務店の名前・住所・地図など顧客にとって役立つ情報を掲載することで、リピーターの獲得が期待できるでしょう。工務店の信頼性獲得にも役立つため、営業用にぜひ用意したいアイテムです。

工務店の集客に活用したい名刺

について詳しく見る

工務店の経営に欠かせない事業計画書

工務店の経営を始めるとき、融資を受ける場合は金融機関などの融資元に事業計画書を提出します。事業計画書に書かれている内容が審査されるため。事業内容や収益に関する内容を根拠にもとづいて記載することが大切です。

工務店の経営に欠かせない事業計画書

について詳しく見る

工務店経営における節税対策

節税対策とは、税による負担を軽くしながら利益を得るための方法です。経費を正しく計上すること、設備投資を行って経費にすることなどが挙げられますが、法律の範囲内で正しく対策し、脱税などを行わないように注意しなければなりません。

工務店経営における節税対策

について詳しく見る

工務店経営に必須の許可と役立つ資格

工務店を経営していくにあたっては、必須の許可と役立つ資格について知っておかなければなりません。建設・建築では免許や資格がなければ行えない業務があります。業務の幅を広げて経営をスムーズに行っていくには、有資格者の配置が必要です。

工務店経営に必須の許可と役立つ資格

について詳しく見る

工務店経営における建材の仕入れ

工務店経営において欠かせない要素であるのが、建材の仕入れです。建材店と取引を続けるためには、円滑なコミュニケーションを築くことが重要であり、関係性ができあがったら相談をすることにより、建築物の品質も高められるかもしれません。

工務店経営における節税対策

について詳しく見る

工務店の経営理念

工務店の経営をよりスムーズにするなら、経営理念の策定が欠かせません。経営理念とは企業の目指す目標・理想を具現化したもの。従業員全体に周知し、さらに行動指針を示せば、理想とする企業のあり方に近づけるでしょう。

工務店の経営理念

について詳しく見る

工務店経営に求められるSDGsの取り組み

工務店に求められるSDGsの取り組みは、環境への配慮や人材育成、地域開発などの幅広い項目に渡ります。工務店の認知度アップや事業の安定した継続を叶えるためにも、SDGsに積極的に取り組みましょう。まずはどんな取り組みを行うべきかを検討してみてください。

工務店経営に求められるSDGsの取り組み

について詳しく見る

工務店経営におけるAIの活用

AI技術は大きな発展を遂げており、建設業界でもAIの活用が積極的に行われるようになりました。工務店経営においてもAIの活用が必要不可欠ですので、AIを活用するメリット・デメリットを確認しておきましょう。

工務店経営におけるAIの活用

について詳しく見る

工務店経営における採用活動

工務店をはじめとした建設業では、人材不足が深刻化しています。「採用してもすぐにやめてしまう」「そもそも応募者が少ない」など、採用活動が上手くいかずに悩んでいる経営者も多いでしょう。「どのような採用活動が適しているのか」「どのように人材を育成するべきか」を考えてみると、より効率的な採用活動が可能です。

工務店経営における採用活動

について詳しく見る

イラスト
「耐震工法」×「+α」で
売上げ・商品力アップ!
他社と差別化したい工務店に
おすすめの
住宅工法メーカー3社
イラスト

先細りしていく住宅市場において、工務店・住宅会社が利益を確保するためには、何を武器に自社の強みを打ち出していくのか、他社とどう差別化していくのかを明確にし、施主にアピールすることが重要です。ここでは、工務店が加盟できる耐震性に優れた工法を提供している会社の中から、加盟店数が多かった支持されている3社を紹介します。

関連記事一覧