―木造住宅の常識を超える― @耐震工法

工務店の経営課題を解決!

優れた耐震工法
+αの戦略
売上アップを図る。

イラストイラスト
イラスト

当たり前に求められる耐震性能。
新設住宅着工戸数の減少による需要の先細り-。
今後、工務店が利益を確保するためには、優れた耐震工法をベースに何を武器に自社の強みを打ち出していくのか、他社とどう差別化していくのかを明確にすることが重要です。
そこで、当サイトでは工務店がすぐに導入できる「耐震性に優れた住宅工法」や「金物メーカー」をご紹介します。

「耐震工法」×「+α」で
売上げ・商品力アップ!
差別化におすすめの
住宅工法3選

先細りしていく住宅市場において、工務店が利益を確保するためには、何を武器に自社の強みを打ち出していくのかを明確にし、施主にアピールすることが重要です。ここでは、工務店が加盟できる耐震性に優れた工法を提供している会社の中から、加盟店数が多かった支持されている3社の工法を+αとなる「デザイン」「ZEH」「高気密・高断熱」別にご紹介します。

(選定基準:「耐震工法 工務店 加盟」でGoogle検索
上位に表示された6社の内、加盟店舗の多い
上位3社をピックアップ/2022年1月31日調査時点)

耐震×デザイン

デザイン性
打ち出したいなら

SE構法

SE構法の施工事例
引用元HP:重量木骨の家(https://www.mokkotsu.com/shop/terajima/house/20141220142013/18741)

ビルトインガレージ、狭小3階建、大開口、スキップフロアも屋上も可能!木造建築の可能性が広がります。

構造計算サポート

全棟構造計算を実施(許容応力度計算)

耐震×ZEH

ZEH
打ち出したいなら

テクノストラクチャー工法

テクノストラクチャー工法の施工事例
引用元HP:パナソニックビルダーズグループ(https://panasonic.co.jp/phs/pasd/pb-techno/technohouse/)

太陽光発電パネルの搭載や蓄電池の採用も可能。光熱費シミュレーションや販促ツールが揃っています。

構造計算サポート

パナソニックが実施。388の項目をチェック

耐震×高気密・高断熱

高気密・高断熱
打ち出したいなら

スーパーウォール工法

スーパーウォール工法
引用元HP:リクシル(https://www.lixil.co.jp/lineup/construction_method/sw/)

高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ・ドア、計画換気システムで高気密・高断熱の住宅の提供できます。

構造計算サポート

記載が見当たりませんでした。

特集!
工務店が取り入れたい

おすすめの
住宅工法を解説

2000年の住宅性能表示制度を皮切りに、瑕疵担保責任の義務化や長期優良住宅認定制度、2025年には省エネ基準の適合も義務化するなど、工務店に求められるレベルもアップしていきます。ここでは、地震に強い住宅を建てるのに適している住宅工法の耐震性へのこだわり、特徴を詳しく紹介します。
耐震×デザイン

デザイン性
打ち出したいなら

SE構法

SE構法
引用元HP:https://www.ncn-se.co.jp/se_business/system/tecnical-6/

SE構法の「耐震」への
こだわりポイント

  • 強度が高く、高品質の「JAS規格の構造集成材」を使用
  • 特殊なSE金物で、柱と梁の接合部の断面欠損を従来の在来工法に比べ低減
  • 特殊な柱脚金物を使い、基礎と柱を直接連結、柱の引き抜き強度を高くしている
  • 法律で義務化されていない木造住宅でも、必ず構造計算を実施
  • 指定プレカット工場で、高精度に加工された木材を使用
特殊な金物を採用!優れた耐震性を担保しつつ
木造住宅でも、自由度の高い空間設計が可能

一般的な木材は、乾燥の度合いや強度がバラバラでわかりにくいというケースがほとんど。しかし、SE構法で使用する「JAS規格の構造集成材」は含水率が低く、強度が明確なため「どの部分にどの木材を使用するか」をしっかりと計算して決められます。使用箇所に合わせた木材を採用できるので、弱い部分も適切に補える耐震性の高い住宅造りが可能です。また、柱と梁の接合部には特殊なSE金物を使用し、一般の在来木造工法で採用されている「ほぞ」と呼ばれる穴加工よりも断面欠損を低減できます。

SE構法がデザイン性に優れている
住宅を建築できる理由とは?

SE構法のラーメン接合
引用元:株式会社エヌ・シー・エヌ https://www.ncn-se.co.jp/se_business/design/
接合部にSE金物とSボルトを使用!木造でラーメン構造を実現できるから

一般的な在来木造工法では「筋交い」をバランス良く配置することで住宅の耐震性を高めるため、数多くの壁や柱が必要です。その結果、開放的な空間をつくるのが困難に…。しかし、重量鉄骨造のように柱と梁がしっかりと接合されている「ラーメン構造」であれば、筋交い以外の構造躯体で耐震性を高められるため、設計の自由度がアップ!SE構法では、ビルトインガレージやオーバーハング、屋上利用、スキップフロアなど、木造住宅では難しいと言われているデザイン設計が可能

耐力壁の強度が高い
引用元:株式会社エヌ・シー・エヌ https://www.ncn-se.co.jp/se_business/structure/
「耐力壁」で耐震性を担保!柱や壁の少ない空間を設計できるから

SE構法は、ラーメン構造で耐震性を担保する箇所、耐力壁と呼ばれる強い壁で耐震性を担保する箇所をバランスよく配置することが可能。その結果、コスも抑えることができます。この耐力壁の強さは、在来の木造住宅の壁と比べ2倍以上※の性能を持っています。 また、柱と梁、耐力壁で強度を確保、耐震性を保つことができるSE構法は、柱や壁が少ない大空間、吹き抜けなど自由な設計を可能にします

※参照元:SE構法(https://www.ncn-se.co.jp/se/se_summary/space/

プレカット
引用元:SE構法(Thttps://www.ncn-se.co.jp/se_business/system/supply/)
「構造計算・プレカット・SE構法専用のCAD」で性能・品質管理を徹底しているから

木造住宅において、自由度の高い開放的な空間設計になればなるほど、耐震性は大きな課題になります。そのため、SE構法では鉄骨造やRC造と同じように1棟1棟構造計算を実施。この構造計算を実現するためには、住宅の構造を構成するすべての部材の強度がわかっていることが必須です。また、構造部材の品質基準も重要なため、構造設計データとプレカット工場の連動をはじめ、供給プロセスを整備。プレカットはコンピューター制御の下、設計図通りにミリ単位の精度で加工されるため、品質も担保されています。

SE構法で
可能な設計
  • オーバーハング
  • ビルトインガレージ
  • スパン:9m
  • 大開口
  • 吹き抜け
  • スキップフロア
  • 3階建て
  • 4階建て
  • 屋上ルーフバルコニー
  • 非住宅
  • 屋根のデザイン:自由・湾曲も可能

SE構法で建てた住宅の
施工事例を紹介

  • SE構法で建てた施工事例紹介
    引用元HP:SE構法(https://www.mokkotsu.com/shop/miyabe/house/20140723102935/17694)
  • SE構法で建てた施工事例紹介
    引用元HP:https://www.mokkotsu.com/shop/terajima/house/20161008144017/31678
  • SE構法で建てた施工事例紹介
    引用元HP:https://www.mokkotsu.com/shop/roomz/house/20190711141906/26353
  • SE構法で建てた施工事例紹介
    引用元HP:https://www.mokkotsu.com/shop/terajima/house/20141003145526/18237
  • SE構法で建てた施工事例紹介
    引用元HP:https://www.mokkotsu.com/shop/icocochi/house/20170731081610/23618

耐震性に優れているSE構法
詳しく解説

YouTubeでSE構法について詳しく解説されています。

SE構法では数値化できるJAS規格の構造集成材を活用し、
全棟に構造計算を実施

構造計算では、地震や災害に対して、変形や倒壊しないかを科学的に検証し、建物の強さを明確化します。ビルやマンションの建築では構造計算が法律で義務付けられているため、必ず行われていますが、日本のほとんどの木造住宅では、法律で義務化されていないため、構造計算はされていません。しかし、SE構法では数値化できる集成材を活用し、全棟に構造計算を実施。 さらに建物だけでなく、基礎についても構造計算をすることで、科学的に安全性を確認できます。

SE構法を導入した工務店・
住宅メーカーの口コミ評判

「在来工法に比べて、高い付加価値を施主様に提案できる」

中小企業の生存率が10年で5%という厳しい経営環境の中、参創ハウテックは今年で創業17年目を迎えることができました。年間約25棟の新築案件を受注し、約70%をSE構法で施工しています。 この10年余は幾度か改正された建築基準法や瑕疵担保責任履行確保法、長期優良住宅法などの新法への対応が必要でしたが、他社に先駆けて法対応への態勢強化を図ることができました。これもSE構法を供給するエヌ・シー・エヌさんと出会ったおかげです。(株式会社参創ハウテック)

引用元HP:株式会社エヌ・シー・エヌ(https://www.ncn-se.co.jp/se_business/customers_voice/

「構造の自由度が高い!在来工法では叶えられない空間設計にちょうどいい」

大胆にスパンを飛ばすなどアクロバティックな空間であったため、在来工法では到底無理。実現可能な構造を検討したところ、候補として浮上したのがSE構法でした。以前からその存在は知ってはいたのですが、「よさそうだけど、なんだか高そう」という印象にとどまっていました。 試しに問い合わせてみると、エヌ・シー・エヌの設計担当者もプランに対して非常に乗り気になってくれて、「こうしたら実現できる」と納得のいくアドバイスをいくつも提案してくれました。(株式会社アーキテックス)

引用元HP:耐震工法SE構法ビジネスオンライン(https://business-online.ncn-se.co.jp/case/1673/

「SE構法を標準に。もうこれしかやりたくない」

当社ではSE構法を標準とするようになりました。自社のウェブサイトもSE構法の専門店としてのものにリニューアル。ニュースレターやSNSを利用した情報発信にも継続的に取り組むようになりました。そして3年ほど経過した頃、ようやく年間5棟ペースでコンスタントに受注できるようになりました。下請けだった時代は、毎日の仕事に追われるばかり。今の現場が終わったあとの仕事があるかどうかもわかりません。自分が消耗していくという危機感がありました。 SE構法を扱うようになって、そのよさをいかにお客様に伝えるか、そのよさを生かすにはどんなプランにすべきか、ということに集中できるようになりました。いいものを知ってしまったら、そうでないものはお客様に勧められません。当社の家づくりの軸ができたように思います。(株式会社マイ工務店)

引用元HP:耐震工法SE構法ビジネスオンライン(https://business-online.ncn-se.co.jp/case/668/

SE構法を提供している
株式会社エヌ・シー・エヌ

公式サイト
https://www.ncn-se.co.jp/
所在地
東京都港区港南1-7-18 A-PLACE品川東
耐震×ZEH

ZEH
打ち出したいなら

テクノストラクチャー工法

テクノストラクチャー工法
引用元HP:パナソニック(https://panasonic.co.jp/phs/pasd/technostructurenoie/advantage.html)

テクノストラクチャー工法の
「耐震」へのこだわりポイント

  • 木の梁に鉄を組み合わせ強度を高めた「テクノビーム」を採用
  • 1棟1棟おこなう構造計算では、388項目にも及ぶ緻密なチェックを実施
  • 建物の揺れを低減する制震システム「テクノダンパー」を採用
  • 木材の切り欠きをなるべく減らし、木の力を引き出す金具接合仕様を採用
強い梁「テクノビーム」を使い、1棟1棟構造計算を実施。
耐震性が高く、省エネ性に優れた長期優良住宅仕様の建築が可能

木は縦向きの力に強く横向きの力に弱いといった特性から、縦に使う柱としては十分な強度がありますが、梁のように横向きに使う場合は強度が不足しがち。この木の弱い部分を鉄で補強することで、木の梁のたわみやゆがみを抑え、地震などの大きな力にも耐えられるようにしたのが「テクノビーム」です。また、テクノストラクチャー工法では、部材のつなぎ合わせ方や接合の強さにもこだわり、木材の切り欠きをできるだけ減らし金具接合仕様で木の力を引き出しやすいようにしています。同時に、地震や風の揺れで柱が引き抜かれないように強度を高めています。

テクノストラクチャー工法が
ZEHを打ち出すのに優れている
理由とは?

太陽光発電パネル
引用元:パナソニック(https://panasonic.co.jp/phs/pasd/technostructurenoie/technology.html#link05)
緻密な構造計算で、太陽光発電パネルも搭載できるから

太陽光発電で電気をつくる創エネ、パナソニックの高性能な機器を活用し、使う電気を減らす省エネに加え、気密性・断熱性を高められるZEHを実現する仕掛けを提案できます。ZEHには重い太陽光発電パネルを屋根の上に載せる必要があり、建物に大きな負荷がかかりますが、テクノストラクチャー工法ではその負荷を前提にして構造計算を行っています。

ZEHに優れている理由
引用元:パナソニック(https://panasonic.co.jp/phs/pasd/technostructurenoie/technology.html)
ZEHなど省エネルギー住宅へ対応可能な断熱パネルがあるから

断熱パネル「テクノあったかパネル」は髪の毛の太さほどの気泡構造に断熱性の高い発泡ガスを注入、小さい気泡が熱の移動を阻むことで、高い断熱性能を実現しています。また、あったかパネルは断熱材と枠材を一体化。そうすることで工場内で必要なサイズに製造可能となり、現場では組み立てるだけでOK。職人によって施工品質が異なるといった心配がなく、計算した通りの断熱性能を実現できます。

ZEHに優れている理由とは?
引用元:パナソニック(https://panasonic.co.jp/phs/pasd/kameiten/?link=business_kameiten)
高効率エネルギー設備、建材、照明など高品質なパナソニック製品を提案できるから

太陽光発電システムやHEMS、高断熱浴槽、複層樹脂サッシ、換気システム、エコキュート、LED照明などの高効率エネルギー設備も備えています。太陽光発電で作った電気で家の電気設備を動かし、余ったら蓄電池に蓄える事で、電気の自給自足が可能。蓄電池があれば停電の際にも電気が使えます。また、機能性と意匠性を実現した高品質なパナソニックの住宅設備や建材、電材、照明なども顧客に提案できます。

テクノストラクチャー工法
建てた住宅の
施工事例を紹介

  • テクノストラクチャー工法で建てた施工事例
    引用元HP:パナソニックビルダーズグループ(https://panasonic.co.jp/phs/pasd/pb-techno/technohouse/06.html)
  • テクノストラクチャー工法で建てた施工事例
    引用元HP:パナソニックビルダーズグループ:https://panasonic.co.jp/phs/pasd/pb-techno/technohouse/08.html
  • テクノストラクチャー工法で建てた施工事例
    引用元HP:パナソニックビルダーズグループ:https://panasonic.co.jp/phs/pasd/pb-techno/technohouse/04.html
  • テクノストラクチャー工法で建てた施工事例
    引用元HP:パナソニックビルダーズグループ:https://panasonic.co.jp/phs/pasd/pb-techno/technohouse/

テクノストラクチャー工法
詳しく解説

YouTubeでテクノストラクチャー工法について詳しく解説されています。

緻密な構造計算から生み出される、優れた耐震性

一般的な2階建ての木造住宅のほとんどが簡易な「壁量計算」という方法で建物の強度を確認してつくられています。しかし、テクノストラクチャーの家では、1棟1棟の間取りに対して必ず構造計算を行っています。一般的に行われている構造計算が200項目程度に対して、テクノストラクチャーの構造計算は388項目をチェックします。

テクノストラクチャー工法
導入した工務店・
住宅メーカーの口コミ評判

「加盟したいと思える魅力がたくさんあった」

今まで培ってきた木造建築の技術を生かせることやコスト・工期の優位性は加盟する際に感じた大きな魅力のひとつです。 それに勝るとも劣らない魅力が、「耐震等級3」というテクノストラクチャーの耐震性です。過去「九州には地震が来ない」と多くの人が思っていましたが、実際に起こった熊本地震を経て、耐震性が大切だという思いは強まるばかりです。当社は住宅だけでなく、非住宅もテクノストラクチャーで建てており、熊本地震の時には、テクノストラクチャーの建物が地域の避難所として活用された例もありました。

引用元HP:パナソニック(https://panasonic.co.jp/phs/pasd/kameiten/

「構造計算に裏付けされた営業トークが、自社の強みになっている」

「耐震等級3」と言っても当時は理解されるお客様はあまりいませんでしたが、「家族の命と財産を守ることのできる構造」として、それを数値で説明できることは、当社の大きな強みになっています。地域柄、多雪地域の厳しい条件を考慮している点もポイントです。さらに、構造計算書がその裏付けになっており、営業上の恩恵は非常に大きいと感じています。

引用元HP:パナソニック(https://panasonic.co.jp/phs/pasd/kameiten/

「主力商品としてZEHを売れるように。加盟してよかった」

「主力商品としてZEHを売りたい」という気持ちはあったのですが、なかなかハードルが高く、壁が超えられませんでした。そんな中で参加したセミナーで、光熱費シミュレーションの重要性やZEHの構成を分かりやすく施主様に伝えるツールが準備されているパナソニックビルダーズグループを知りました、自社が単独でZEH商品を企画するのは難しいですから、魅力だと感じました。様々なセミナーに参加していろいろな話を聞きましたが、ZEHを構成する部材をまるごと担っているパナソニックのセミナーで聞いた話が最も具体的で、「家を売る」という視点で組み立てられているように思いました。加盟してよかったと思っています。

引用元HP:パナソニック(https://panasonic.co.jp/phs/pasd/kameiten/

テクノストラクチャー工法
提供している
パナソニックアーキスケルトン
デザイン株式会社

公式サイト
https://panasonic.co.jp/phs/pasd/
所在地
大阪府門真市大字門真1048番地
耐震×高気密・高断熱

高気密・高断熱

打ち出したいなら

スーパーウォール
工法

スーパーウォール工法
引用元HP:リクシル(https://www.lixil.co.jp/lineup/construction_method/sw/feature/03/)

スーパーウォール工法の「耐震」へのこだわりポイント

  • 壁・床・天井が一体化!地震や台風に強い「モノコック構造」
  • 高耐力の構造用パーティクルボードと断熱材を一体化させ、耐震性アップ
  • 「制震テープ」を取り入れた制震仕様パネルを開発!繰り返す揺れに耐震性を発揮
  • LIXILの工場で徹底した品質管理のもと、高精度な加工を施し、高品質な部材を提供
壁面が一体になり外力が分散される、高耐震構造で耐震性アップ!
繰り返しの揺れに強い制震スーパーウォールも提供中

航空機や自動車ボディなどの技術を参考に、壁・床・天井が一体化した箱型のモノコック構造を採用。地震や台風など、外部から大きな力を受けると、その力を「面」で分散するので、「ひずみ」や「くるい」に強くなっています。

「制震テープ」は、高層ビルの制震装置に使用される粘弾性体を木造住宅用に両面テープ状に加工したもので、柱・梁と面材の間に挟み込むことで大地震の損傷を抑えてくれます。制震スーパーウォールで施工した制震住宅は、制震テープなしの制震構造でない住宅と比べ、何度揺れが来ても変形が進みにくく、本震だけでなく、余震にも強い住宅が実現できます。実際の自然災害においても、スーパーウォール構法の強さは証明されています。東日本大震災(2011年)の甚大な津波災害で倒壊しないで済んだ例や、中国・九州北部豪雨(2009年)での記録的な雨にも耐え、北海道佐呂間町竜巻(2006年)では巨大竜巻にも耐えた報告がされています。

スーパーウォール工法が
断熱・気密性に優れている
理由とは?

スーパーウォール
引用元:リクシル(https://www.lixil.co.jp/lineup/construction_method/sw/product/construction_method/)
家の中の空気を外に逃がさない、断熱材で包み込んだ魔法瓶のような空間だから

木造軸組工法でつくられた建物の天井・壁・床を「スーパーウォール」を用いて囲むモノコック構造。家の中の空気を外に逃がさないスーパーウォールパネルと高断熱サッシ・ドア、計画換気システムで、家全体を包み込みこむため、気密性の高い魔法瓶のような高気密・高断熱の住宅の建築が可能です。また、スーパーウォール工法ではC値1.0を基準とし、全棟において高気密住宅を目指し、全棟で気密測定を実施しています。

硬質ウレタンフォーム
引用元:リクシル(https://www.lixil.co.jp/lineup/construction_method/sw/product/)
水を通しにくい素材硬質ウレタンフォームで、高い断熱性能を長年にわたり保てるから

スーパーウォールの家で使用されている断熱材は、高性能な硬質ウレタンフォーム。湿気を通しにくいのが特徴で、グラスウール比およそ2倍※の断熱性能があります。室内からの湿気をガードすることで、断熱材内部に結露を発生させないので長持ちします。スーパーウォールの断熱材は35年無結露保証※。壁に使用されているこのパネルは、高耐力の構造用パーティクルボードと断熱材を一体化することで、断熱性だけでなく耐震性も高めています。

※参照元:リクシル(https://www.lixil.co.jp/lineup/construction_method/sw/feature/04/
(※保証対象は、断熱材・壁パネル・屋根パネル・小屋パネルに使用している硬質ウレタンフォーム)

高断熱仕様の高性能なサッシ
引用元:リクシル(https://www.okazaki-arc.com/wp-content/uploads/super_wall_method_pdf001.pdf)
断熱・気密性を確保するため、高性能なドアや窓を採用しているから

スーパーウォール工法では、高い断熱・気密性能を確保するために、開口部においても高断熱仕様の高性能なサッシや玄関ドアを採用しています。また、住宅を建てるエリアにあった性能基準を目指せるように、Low-E複層ガラス仕様、トリプルガラス仕様などラインナップも豊富に取り揃えています。

スーパーウォール工法
建てた住宅の
施工事例を紹介

  • スーパーウォール工法で建てた施工事例紹介
    引用元HP:善家工務店(https://zenke-koumuten.com/pages/23/detail=1/b_id=70/r_id=2/)
  • スーパーウォール工法で建てた施工事例紹介
    引用元HP:瀧口建設株式会社(https://takiguchi.net/works/post-34/)
  • スーパーウォール工法で建てた施工事例紹介
    引用元HP:セイコー・トータル・ホーム(https://seiko-th.com/gallery/4226/)
  • スーパーウォール工法で建てた施工事例紹介
    引用元HP:トップハウザーササキ (https://t-houser.com/works/works-no09/)

スーパーウォール工法
詳しく解説

YouTubeでスーパーウォール工法について詳しく解説されています。

高気密・高断熱で、1年中過ごしやすい家

建材メーカー「LIXIL」が企画製品化した、高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、室内の空気環境をキレイにする計画換気システムを採用しています。耐震だけでなく気密と断熱にもこだわった気密断熱耐震で、寒い地域では温かく、暑い地域では熱を遮断して涼しくします。家の中での温度差が少ない住まいを提案できる構法です。

スーパーウォール工法
導入した工務店・住宅メーカーの
口コミ評判

「長年の経験という考えのもと住宅を建ててきたし、自信もあったけれど…」

SW工法を取り入れたのはお客さまからのご相談がキッカケでした。『羽山工務店さんではスーパーウォール工法は出来ないんですか?』正直言うと、以前からメーカーさんには勧められていましたが…『そんなに変わらんだろう?やはり家づくりは経験と腕が大事だ。』という思いもあり『知っている』というぐらいでした。しかし、そのお客さまの『出来ないんですか?』という一言が 気になってしまい…やはり職人の意地と言いましょうか…。次の瞬間には『いえ、SW工法出来ますよ』と答えていました(笑)。と半ばそんなキッカケで建てることになったものの、実際に建ててみるとこれこそ羽山工務店が目指していた【地震に強く頑丈で、高気密・高断熱・防音性】に優れたピッタリな工法だと感じました。

引用元HP:羽山工務店(https://haya-kou.co.jp/sw/132.html)

「スーパーウォールの家は高耐震で、一般的な建築の家より2〜3倍長持ちする工夫が施されている」

一生に一度かもしれない、大切な家づくりをご提案している私たちが一番の商品としてスーパーウォール工法を選んだのは、家づくりには欠かせない安心、快適、省エネの要素をしっかりと盛り込み、建物の価値が30年と言われる現在において、【家を建てる】時に想う希望や不安を取り除き一軒一軒、ご家族ごとの家づくりが行える工法だからです。

引用元HP:相馬工務店(https://somakoumuten.jp/16194/)

スーパーウォール工法
提供している
株式会社LIXIL

公式サイト
https://www.lixil.co.jp/lineup/construction_method/
所在地
東京都江東区大島2-1-1

特徴・サービスを調査

3つの住宅工法を比較紹介

全国の工務店や住宅会社から支持されているSE構法、テクノストラクチャー工法、スーパーウォール工法の特徴、保証体制、提供してもらえるサービスについて一覧表にまとめました。
横にスクロールできます
  • SE構法
  • テクノストラクチャー工法
  • スーパーウォール工法
特長 エヌ・シー・エヌが独自開発したSE金物を使った木造ラーメン構造。接合部にSE金物を使い、耐震性を確保。大きな吹き抜けや柱のない大開口が可能。 構造材にはパナソニックが独自開発した木と鉄でできた梁テクノビームを使用。長期優良住宅仕様の家にすることも可能。また住宅設備商品にパナソニック製品が選べる。 リクシルが開発した高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムを採用した工法。壁・床・天井が一体化した箱型のモノコック構造。
設計の自由度
  • オーバーハング
  • スパン:9m
  • 大開口
  • 吹き抜け
  • スキップフロア
  • ビルトインガレージ
  • 3階建て
  • 4階建て
  • その他屋上
  • 非住宅
  • 屋根のデザイン:自由・湾曲も可能
  • オーバーハング
  • スパン:最大8m
  • 大開口
  • 吹き抜け
  • スキップフロア
  • ビルトインガレージ
  • 3階建て
  • 4階建て
  • その他屋上
  • 非住宅
  • 屋根のデザイン:自由
デザイン性への記載が見当たりませんでした。各工務店へお問い合わせください。
リフォームの
しやすさ

しやすい

スケルトン&インフィルで、リフォームがしやすい。

しづらい

特殊な工法で独自の構造計算を行い、柱や梁の位置を決めているためリフォームしづらい。

しづらい

壁全体で建物を支えているため、リフォームしづらい。

保証体制 完成引き渡しから10年間無償保証、最大20年の構造性能保証 詳細の記載が見当たりませんでした。 断熱材内部の結露による劣化を35年間保証
支援体制 ・全棟構造計算(許容応力度計算)
・長期優良住宅認定サービス
・一次エネルギー計算代行サービス
・住宅ローン代行サービス
・全棟構造計算(許容応力度計算)
・リビングベルの提供
・提案ツールの提供
・全棟気密測定実施
・模型の提供
・カタログ

工務店が取り入れたい
住宅工法は?

SE構法

エヌ・シー・エヌが、SE構法登録施工店ネットワークを通じて、工務店を中心に提供している独自の建築システムです。高度な構造計算で、木造建築の耐震性を確保。他、SE構法を使用した住宅ブランド「重量木骨の家」や、規格型住宅を販売するハウスメーカーへのSE構法によるOEM提供もおこなっています。

スーパーウォール工法

2011年に国内の建材・設備機器メーカー5社が統合して発足した「LIXIL」が、工務店(住宅会社)を対象に、スーパーウォール工法の部材や設備の開発、製造などを提供しています。木造軸組工法をベースに、北海道・東北エリアでは枠組壁工法にも対応しています。

テクノストラクチャー
工法

パナソニックとパートナーシップ契約を結んでいる工務店・住宅会社による、パナソニックビルダーズグループが取り扱っている工法です。そのため、住宅設備商品はパナソニック製で統一できるメリットも。また、人材育成からアフターサポートと、経営に必要な各種支援プログラムも用意されています。

JGS-Ⅱ工法

サトー住販が自社開発した住宅工法。公益財団法人日本住宅木材技術センター合理化システム認定と、「木造住宅供給支援システム」認定を取得しています。長期優良住宅を標準仕様に、品質・耐久力・最高等級の省エネ性能を備えた木造住宅です。

HEIG耐震金物工法

イシン住宅研究所が提供している、接合部用に開発された耐震専用金物「HEIG金物」を使った建築方法。断面欠損を少なくし、柱、梁、パネルなどの部材の連結を強固にします。中小工務店などに、施工・販売などのノウハウを提供しています。

ロイヤルプラス S構法

ロイヤルハウスが提供している、ロイヤルSSS(スリーエス)構法をベースにトラス構造をプラスした木造新構法。天井高最大8m、スパン最大15m、軒の出2m以上と、縦にも横にも広く取れる空間設計が可能です。全国の中小工務店に供給しています。

PR

新築需要は今後減少傾向へ。

新たな市場開拓のための
秘策とは?

新たな市場開拓のための秘策とは?

国を挙げての長期優良住宅の普及や公共建築物等木材利用促進法により、公共でも木造建築を推奨する動きがあります。工務店も商業施設や福祉施設などの非住宅への新規参入を考える時期に来ています。今のうちに、新たな市場を獲得しに行く準備をしましょう。

工務店でも大規模木造建築を
可能にする工法とは?

地震に強い工法は?

住宅工法の種類・
耐震性を調査

在来工法・木造軸組み工法

日本の家づくりにおいて、古くから伝わるポピュラーな工法。柱と梁、斜め材で作るため、間取りなどの摂家面での自由度が高くリフォームもしやすい特徴があります。狭小地や変形地など、土地の形状に合わせやすいのも木造軸組み工法ならではです。ただ、定番とはいえ職人によって技術力に差があるので、経験と実績の高い、信頼できる会社を選ぶ必要があります。

木造枠組壁工法:2×4工法・2×6工法

欧米では一般的な建築方法で、「壁式工法」もしくは「枠組壁工法」とも呼ばれる、床・壁・天井を固めてしまう箱型の工法です。面で構成しているため、耐震性や断熱性、省エネ性、気密性は高いのですが、面自体が耐力壁となっているので設計への自由度は低いです。増改築やリフォームには不向きですが、規格化された家づくりに向いています。

もっと見る

木造枠組壁工法:木質パネル工法

木造枠組壁工法の一つである木質パネル工法は、「面」で建てる家づくりであることからも、2×4工法・2×6工法と似ています。ただ、そのパネルは工場で管理・生産されて現場に届けられ、釘ではなく接着剤を使って固定するなど、木質パネル工法ならではの手法がとられています。

ユニット系プレハブ工法

ユニット系プレハブ工法とは、鉄骨のフレームや木材のパネルで構成されたユニットを、積み木のように組み立てていく工法です。工場でほぼ完成に近い形で作られ、現場に届けられるので、職人による技術差などの影響がない、均一の品質での家づくりが可能です。

軽量鉄骨造(プレハブ工法)

軽量鉄骨造は、厚さ6mm未満の鋼材を使って作る建物のことです。工場で主要部材を生産し、現場では組み立てるだけのプレハブ工法が採用されることが多く、工期や建築コストを抑え、品質を一定に保つなどのメリットがあります。耐震性能も悪くないのですが、遮音性や耐火性能が少し劣る面があります。

重量鉄骨工法

超高層マンションやビル、公共施設など大きな建物ではお馴染みの工法。厚さ6mm以上の鋼材を使い、3階以上の建物に使われています。最近では一般住宅でも取り入れられています。重さがある分、地盤や基礎からしっかりと作る必要があり、工期や材料費が高値になりやすいです。

RC(鉄筋コンクリート)工法

鉄筋を組んだ型枠にコンクリートを流し込んで固め、それを床・壁・天井に使います。2つの素材の良さからも、耐震性、耐火性、耐久性、遮音性の高い建築物が可能。音のトラブルを避けたい賃貸住宅や、防音室やシアタールーム完備の一般住宅などに向いています。

番外編|
木造住宅の工法が多様化!その他の工法まとめ

日本の家づくりではさまざまな建築方法が取られていますが、その代表的な工法と言えば、木造軸組み工法(在来工法)、ツーバイフォー工法(枠組み壁工法)、木造ラーメン工法の3つです。これらを基に、各企業努力で様々な工法が開発されています。そんな多様化する工法についてまとめてみました。

地震への対策!
耐震・免震・制震について

耐震とは

耐震とは

耐力壁で地震の揺れに対抗する構造

地震にどれだけ耐えられるかを数値化したのが「耐震」です。筋交いなどで壁の耐久性や耐震強度をあげる、また、揺れに耐えられるように工夫している建築方法を耐震工法と呼びます。日本は地震大国であることから耐震工法での建造物は多く、地震への備えとしては一般的な構造です。
地震の力は重量がある床や屋根に加わりやすいので、筋交いや構造用合板、金具などで補強して、床、屋根、壁、柱、梁をしっかりと作ります。補強材によって強度も費用も異なり、必要な量を必要な場所に設置することで高い耐震効果が得られます。

免震とは

免震とは

基礎に免振装置を設置することで、建物に地震の力を伝えない構造

地震によって想定される建物の倒壊や家具の破損などを防ぐための工法です。免震住宅では、建物の土台と地盤の間に免震装置を設置して、地震による揺れを建物に伝えにくくしています。揺れの伝わりを小さくすることで、建物の倒壊だけでなく、建物内部へのダメージも予防。
免震装置には、建物を支える土台であり揺れを吸収するゴム「アイソレータ」や、揺れを吸収する装置「ダンパー」があります。これらの装置を地盤や建物に合わせて適切に組み込むことで、免震効果を高めます。

制震とは

制震とは

制震装置で、地震の揺れを吸収する構造

地震の揺れを吸収する工法で「制振」とも呼ばれています。制震住宅では、免震住宅のように地面と建物の間に装置があるわけではなく、地面と土台が接しています。そのため、揺れがストレートに建物に伝わるため、建物内部に重りや制震ダンパーなどの装置(制震装置)を組み込み、建物が倒壊するのを予防します。ダンパーには特殊高滅衰ゴムが使われており、地震の揺れを熱エネルギーに変えて吸収。熱は空気中に消えてしまいます。

住宅業界に訪れる市場の変化

中小工務店は
淘汰される時代

様々な目標が掲げられている2030年。
SDGsがその代表例ですが、住宅業界でも省エネ、ZEH基準や太陽光発電の設置等の目標が定められ、待ったなしの脱炭素時代へ。
そしてこれから訪れる住宅業界の市場規模の縮小…。この局面に備えて、競合と差別化できる自社の強み、打ち出せていますか?強みがない工務店は、どうしても価格競争に巻き込まれ利益を上げづらくなります。

訪れる住宅業界の未来

  • 新築住宅着工の減少は加速
  • 大工の職人不足
  • 消費者の安心・安全を求めるニーズの高まり
  • 消費者のニーズの細分化
  • 耐震補強へのニーズ

工務店が打ちたい戦略

  • 中規模木造構造物(非住宅)へ進出を視野に入れる
  • 金物工法を採用(熟練性を問わない工法)、現場の負担を軽減する
  • 耐震・制震金物を積極的採用、長期優良住宅を標準化する
  • 断熱性能重視、耐震性重視、デザイン性重視など自社の強みを打ち出す
  • メンテ・リフォーム需要の取り込みをする

市場の変化に対応!
淘汰される時代を生き抜く

おすすめの
金物工法メーカー3社

激しい市場変化に対応していくためには、各金物工法メーカーが提供している金物を使用し、自社が「どのような戦略をとっていくのか」を明確化させることが重要です。各金物工法メーカーの特徴をピックアップしているので、ぜひ参考にご覧ください。

※選定基準:「金物工法 メーカー」でGoogle検索し、上位に表示された8社のうち、下記の選定条件に該当する3社を紹介。
【実力】信頼できる実績として、公式サイトにメーカーの提供する金物・工法を使用している施工事例が掲載されている。
【耐震力】顧客のニーズに応えつつも耐震性の担保のためには構造計算は必須!構造計算のサービスを提供している。
【設計力】戸建て住宅・非住宅も建築可能な強固な金物を提供している。
公式サイトで情報が確認できた会社を選定。2022年1月31日調査時点。

消費者ニーズの獲得!
自社の商品力アップを目指す

株式会社エヌ・シー・エヌ

SE構法
引用元HP:重量木骨の家(https://www.mokkotsu.com/contents/feature/villa_surrounded_by_greenery/)
商品力がアップする理由は?
  • 柱と梁を専用のSE金物で接合!木造でラーメン構造を実現できるので、設計の自由度がアップするから。
現場のコスト削減!
生産性アップを目指す

株式会社ストローグ

株式会社ストローグ
引用元HP:ストローグ(https://stroog.com/products/node-hss/)
生産性がアップする理由は?
  • 施工現場にはプレカット加工材にコネクタが付いた状態状で搬入。確実でスピーディな施工が可能になるから。
新たな市場を開拓!
リフォームの需要アップを目指す

BXカネシン株式会社

K2耐震LaZo工法
引用元HP:BXカネシン(https://www.kaneshin.co.jp/tech/reform/k2lazo/)
リフォーム需要を狙える理由は?
  • 既存外壁の上から耐震・断熱補強、外壁・屋根のリフォームを一気にできる「K2耐震LaZo工法」で、外壁工事を一度にまとめて受注できるから。
知っトク豆知識

間取りから考える、
住宅構法比較

建築方法には様々な工法が用いられています。間取りへの疑問をもとに、工法を比較してみました。

ビッグフレームとSE構法は何が違うのか?

構造金物の接合の仕方や耐震性を示す数値の計算などが異なる。

住友林業のオリジナル構法「ビッグフレーム(BF)」と、構造の専門会社である株式会社NCN(エヌ・シー・エヌ)が考案した「SE構法」は、耐震性の高さからも、住まいづくりにおいてよく比較検討されています。計算方法は違いますが、両者は共に耐震等級3レベルの強さを持ちます。地震から家を守る耐力壁、構造金物接合、耐震等級について比べてみました。

スキップフロアの耐震性は?耐震等級3はとれるのか?

構法次第では、耐震性等級3をとることが可能。

室内をおしゃれに広く見せてくれるスキップフロアは、限られた空間を有効に使うのに適していて人気がある手法です。ただ、床が一続きでないことからも、その耐震性が不安視されています。近年では、スキップフロアの不安を払しょくするような工法が開発されてきており、耐震等級3の確保も可能になっています。

もっと見る

圧倒的な開放感!吹き抜けの耐震性は?

構造計算の元、建築されている建物であれば心配はいらない。

開放的で広々とした空間を演出する吹き抜けは、注文住宅でも人気の間取りです。ただ、吹き抜け部分は床(天井)がカットされるので、地震などによる外力からの影響に弱くなるといった不安が指摘されています。ですが、工法によっては高い耐震性をキープすることが可能です。吹き抜けに対応した工法を採用している建築会社を選ぶと安心です。

大開口と耐震性は両方実現可能?

構法や設計の工夫で耐震性と大開口の両立は実現可能。

複数の部屋を一つにしたり、窓を大きく取った大開口の間取りは、明るく開放感があり他の部屋に比べて特別な空間になります。柱や梁などの支える部分が少ないため耐震性の低下が心配されがちですが、大開口でも耐震性を低下させない建築方法が、各ハウスメーカーで研究・開発されています。しっかりと選ぶことで、大開口と耐震性を両立させることができます。

大空間を作るには?おすすめの工法

柱や梁を多用しないSE構法・ツーバイフォー・テクノストラクチャー構法がおすすめ

住宅デザインにおいて、大空間は開放感があるとして人気も高いです。特にキッチン・ダイニング・リビングを一つにするデザインは定番ともいえます。木造住宅で大空間を作るなら、柱や梁を多用しないSE構法・ツーバイフォー・テクノストラクチャー構がおすすめです。柱や壁がなくても、安心・安全の空間を作ります。

木造で3階建ては可能?構造計算は必要?

耐震性に優れている構法を採用、構造計算をすれば木造でも3階建ては可能。

狭い土地でも広い空間を確保できるとして、土地の確保が難しい都市部を中心に増えている3階建て住宅。昭和62年から、3階建ての木造建築が可能になりました。ただ、木造3階建てとなると建物の耐久性・耐震性の確保が難しい事からも、建築基準法において構造計算書の提出が義務つけられています。これは、平屋や2階建てにはありません。

ビルトインガレージで耐震等級3は可能?

耐震性に優れている構法を採用すれば、構造計算をすれば可能。

建物の中に組み込み、車を置ける広いスペースと出入り口となる間口も確保しなければいけないビルトインガレージは、耐震性を確保するための壁が難しいと言われていました。ただ、最近では各企業の研究・開発が進み、耐震性もしっかりと確保したビルトインガレージが可能になってきています。耐震等級3の取得もできるなど、その安全性は高く評価されています。

小さな工務店の為の
集客アップ・経営戦略コラム

住宅フランチャイズに向いてる工務店、向いてない工務店とは?

フランチャイズ加盟すると、技術や製品、営業ノウハウ、サポート体制など受けられるので、自社のサービス拡大や売り上げアップなどが期待できます。ただ、加盟するうえでルールに従う必要があったりと、ある程度の縛りも。中には、登録などラフな形態でのフランチャイズもあります。

消費者行動理解できていますか?工務店のSNS活用法を伝授

スマホや携帯の普及から、SNSによる集客活動が浸透してきています。写真や動画で自社の良い所をアピールでき、それまで知られていなかった人にも検索から見つけてもらうことができるなど、SNSによるメリットはたくさんあります。SNSの必要性・重要性への理解は、集客力を高めるうえでは必須となっています。

工務店・リフォームの集客力アップ!MEO施策できていますか?

Googleマップで集客力を上げるためにおこなうMEO対策(Map Engine Optimization)は、Webサイトやコンテンツがなくても気軽にできる集客方法です。基本情報だけでなく、口コミや写真なども掲載することで、上位の検索表示に近づけます。

選ばれる工務店になるためには?アフターサービス・保証の充実度を考える

建てる時だけでなく建てた後も安心できる保証を求めています。アフターサービスの充実は、既存顧客離れを予防し新規顧客獲得になります。自社で設定するのが難しい場合は、フランチャイズや登録制など外部の仕組みを導入するのも一つの方法です。

淘汰される時代を勝ち抜く!長期優良住宅を建てられる工務店になるメリットとは?

SDGsの観点からも注目されている長期優良住宅。国も推奨していることからも、長期優良住宅で建てることで様々なメリットが享受できるようになりました。顧客からのニーズが高まる中、長期優良住宅への対応力が問われています。

知っておきたい!建築物省エネ法・建築基準法改正

2022年6月17日に「脱炭素社会の実現に資するための建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律等の一部を改正する法律」が公布されました。これにより建築物の省エネ性能の底上げ、防火規制・構造規制の合理化がなされ、「住む人にとってのメリット」が生じます。

木造住宅の常識を超える
住宅業界の未来から考える、
工務店の経営戦略

運営会社情報|全研本社

「豊かな社会の発展につながる未来を創る」
これから起こることをただ受け入れるだけの「すでにそこにある未来」ではなく、新たな出会いによって新しい価値が創造される「まだそこにない未来」をつくる事こそ、私たちが描く未来です。このメディア通し、人と人との出会いによって新たな未来が訪れることを願ってー。